整形外科

Orthopedic Surgery

診療科の紹介

 整形外科では四肢・体幹の運動器疾患に対して診療を行います。特に膝関節、肩関節、スポーツ整形の疾患では、その分野のスペシャリストにより、患者さんの状態に応じた治療を選択するオーダーメイド治療を心がけています。治療はリハビリテーション、薬物療法などから外科的手術まで多岐に渡ります。一方で患者さんの年齢、病状、バックグラウンドなどは個人で異なるため、多くの治療の選択肢を持つ専門性の高い医師により各患者さんに合ったベストの方法を選択することが重要と考えます。また、私どもは患者さんの心を癒すハートを持って治療に当たることを大切にしています。

外来表

※整形外科外来は完全予約制です。予約の無い新患(初診の方)の受付は午前11:00迄です。予約の方が優先となります。
午前
(9:00~11:00)
※受付11:00終了
水野 四本
(肩・スポーツ)
大槻
(膝)
担当医 渡邉
(膝)
担当医 -
予約診 - 金光
第1・2・4・5
14:00~16:00

四本(スポーツ整形外科)第2・4
14:00~17:00
楠崎(腫瘍外来)
13:20~16:00
- - - -

外来診療

 一般的な整形外科診療に加えて、膝関節、肩関節、スポーツ、骨軟部腫瘍の専門外来を開設し、より専門性の高い診療を提供しています。整形外科治療の大きな柱の一つであるリハビリテーションは、当病院で行う以外にも患者さんの状態・バックグラウンドに応じてスポーツジム(SHIN-SHIN)、通所リハビリテーションなど関連施設を利用した"様々な選択肢"を用意しています。患者さんの痛みのない健康的な生活をサポートできるよう、質の高い診療を行うことを心がけています。

担当医

大槻康雄(整形外科部長)

専門 膝関節
資格・所属 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ医

渡邉信佳(膝関節センター長)

専門 膝関節
資格・所属 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会スポーツ医、日本体育協会認定スポーツドクター

四本忠彦(関節・スポーツ整形外科部長)

専門 肩関節、スポーツ整形外科
資格・所属 日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター

 関節、スポーツ整形外科を専門に診療しています。日常診療では、全身の運動連鎖を考慮し機能診断を行うことが重要と考えています。治療の基本は徹底した保存療法とリハビリテーションです。手術は、関節鏡視下手術を中心に、低侵襲な治療法を第一選択としています。

水野祥寛

専門 整形外科

 頑張りますので、よろしくお願いします。

診療実績

 関節、肩関節、スポーツ整形を中心に診療を行っています。治療は、まずリハビリテーションなどの保存療法の適応となるかをよく検討します。手術適応の場合、膝関節では変形が強くても、年齢、変形の度合いなどによっては人工膝関節置換術ではなく、高位脛骨骨切り術などの変形矯正手術を行って、関節の温存を図ります(詳細は京都膝関節センターサイトもあわせてご確認ください)。肩関節では、関節鏡手術を中心に、必要に応じて人工関節置換術も行います。肩関節は全国的にも専門医が少なく、高度な技術を要する分野です。スポーツ整形では、スポーツ傷害予防、栄養・薬剤指導から、競技復帰に向けたトレーニングまでを一貫して行っています。手術を要する場合は競技復帰の目標時期に合わせて手術時期や術式を考慮します。また、肘、足関節でも専門的治療が可能で、アキレス腱断裂では、競技復帰が早くなるよう縫合方法を工夫しています。

センター機能

膝関節センター

 当センターでの治療には、人工関節、骨切り術、関節鏡をはじめとする手術治療から、病院施設やスポーツジムを利用したリハビリテーションまで、"様々な選択肢"があります。

 当センターは若年者から高齢者に至るまで、膝関節疾患に特化した専門治療施設として立ち上げました。膝関節疾患と言っても多岐に渡り、活動性の高いスポーツ選手のものから、年齢とともに膝が変形して痛みが生じる変形性膝関節症まで、患者さんの年齢や疾患のバックグラウンドも個人個人で異なります。私どもは最新かつ最高の医療を提供できるよう、患者さんの状態に応じて治療方法を選択するオーダーメイド治療で、日々、診療を行っています。そして、患者さんの心を癒すハートを持って治療に当たることも大切にしています。私たちスタッフは決して人としての真心、暖かい人情を忘れないよう心がけております。

http://www.kyotokneecenter.com/